なんでEDになってしまうの!?

なぜ、勃たない・・・

現在、日本の成人男性3人に1人がEDであることが年代別調査で判明しています。
EDという言葉自体は多くの人が「勃起障害」あるいは「勃起不全」と認識していると思いまますが、ではなぜ、そもそもEDになってしまうのでしょうか。
EDになってしまう原因は何なのか、本稿では、そもそも勃起のメカニズムからEDになる原因、また、その対策などについて紹介していきたいと思いますので、現在EDでお困りの方は是非、参考にして頂ければと思います。

EDとは

ではまず、改めてEDがどんな病気なのかということから述べていきたいと思います。
EDとは英表記ではErectile Dysfunctionと呼び、一般的に勃起障害や勃起不全のことを指し、男性器が正常に勃たない状態のことを言います。
日本性機能学会の定義によれば「満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られない、または維持できない状態が持続、再発すること」とされており、男性器の何らかの障害により、パートナーと満足に性行為ができていない状態のことをいいます。
このEDは年齢を重ねるごとに発症する確率が上昇していき、特に40歳以上の男性に多いと言われていますが、最近では20~30代の若い方でも発症しています。
また、日本は世界的にみてEDの発症率が高く、多くの国では10~20%台であるのに対し日本はなんと34.5%と群を抜いて高い数値結果になっているのです。

もう嫌だー!!

EDになる原因

では次に、なぜ多くの日本の成人男性はEDを発症してしまうのでしょうか。その原因についてみていきたいと思います。
前述した通り、EDは年齢を重ねるにつれ発症する確率、割合は高くなる傾向がありますが、実はEDを発症するのは年齢だけではありません。
そもそも、勃起する仕組みとして、陰茎には細かいいくつもの血管が集まったスポンジ状の器官があり、何らかの性的刺激を受けたり興奮するこで、そこに血液が流れることで男性器は大きく、硬くなる仕組みになっています。
そのため、性的な刺激を受けたとしても陰茎部へ正常に血液がいかない場合には勃起障害または機能不全であるEDの状態になってしまいます。
以上より血管系に障害をきたすことがEDになる確率を上げるということはいくらか理解いただけたと思いますが、ではその血管系に障害をきたす状態を回避するために、私たちはどういったことに注意しなければならないのかについてみていきたいと思います。

①ストレス

ストレスや不安、うつといった心理的な要因によってEDが引き起こされます。
これはストレスを感じると人は脳への刺激によってストレスホルモンを分泌し、それが神経を経て心臓に働きかけることで、脈が速くなったり、血圧が上がったりし、血管を収縮させてしまいます。
この状態が続くと血管が損傷し、正常に血液が身体中へ流れなくなり、EDはもちろん様々な重大な病気になるリスクも高まるのです。

②血管や神経に障害がある

繰り返しになりますが、EDは何らかの血管系や神経系の障害によって引き起こされるので血管や神経に障害がある場合はEDになる確率は必然的に高くなります。
そして血管や神経への障害は、ストレスはもちろん、普段の生活習慣が大きな原因にもなるので気を付けなければなりません。
例えば普段の食事で脂質の高い食べ物を過剰に摂取しいていたり、アルコールやタバコなどもEDを引き起こす大きな原因になります。
神経障害もストレスなどの外部的要因によって引き起こされ、性的刺激を受けたとしても正常に脳へ伝達できなくなるので、ストレス解消を日々意識していくことが重要です。
また、生活習慣やストレス以外でも前立腺肥大症などの泌尿器科系の疾患、交通事故で脊髄損傷といった外傷や手術などでもEDの原因になってしまいます。

③特定の薬剤の服用

3つ目は神経系、循環器系、消化器官系の薬剤を普段服用している場合、それが原因でEDになってしまう場合があります。
抗うつ剤、降圧剤、解熱剤、鎮痛剤など多数ありますが、現在服用している薬剤があれば、一度医師に相談してみるのがいいでしょう。

運動でEDを防ごう

EDへの対策

以上、EDを引き起こす代表的な原因を紹介してきましたが、これらに対して対策することがEDを解決する上では大事になってきますが、まずは、日頃から運動を意識的に取り組んでいくことのがよいでしょう。
運動にはリラックス効果があり、運動することでストレスの解消になり、血液の流れをよくしてくれます。
EDは血管系の障害の要因が大きいことから、日頃から運動をすることで血液の流れを良い状態に保つことは大切です。
また、食事管理においてもカロリーが高い脂っこいものは避け、栄養バランスを意識的に考えて管理していくようにしてください。

ED対策にはタダシップが有効

タダシップはインドの大手製薬会社が製造販売しているED治療薬でシェア率が世界No.1のジェネリック医薬品です。
日本では未承認の医薬品であるため、取り扱いが禁止されていますが個人輸入代行サイトから取り寄せることが可能です。
価格も先発品であるシアリスより安い上に成分や効果もほとんど変わりません。
製造元が世界的に有名なシプラ社であり、安心して服用できますし、個人輸入代行サイトでの購入についても私がいくつか利用した中では「三越屋」がセキュリティやサポート体制、手軽さなどで一番よかったのでおすすめです。
現在、EDについて悩まれている方は一度検討してみてください。

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。